自信がない時に助けてくれるタロットカードの基礎知識

未来予測を行うことが可能

タロットカードにはそれぞれ意味や象徴があり、相談者の質問に対して的確にアドバイスしたり未来予測を行うことが可能です。

 

相談者の質問を鑑定

ロットカードを使ってスプレッドという配置法をもとに相談者の質問を鑑定していきます。

 

相談者を占うのであれば

的確な判断力や自信を持つためにカードの持つ意味を深く理解したり、数多くの鑑定を経験していくほかありません。

 

 

 

タロットカードは22枚の大アルカナカードと56枚の小アルカナカードで構成されています。カードにはそれぞれ意味や象徴があり、相談者の質問に対して的確にアドバイスしたり未来予測を行うことが可能です。

 

タロットカードの歴史は古くいろいろな起源説があり、古代エジプト説や古代ユダヤ説があります。

 

現存している最古のタロットカードは15世紀頃にイタリアで作られたヴィスコンティ・スフォルザ版と言われており、当時は占い用ではなく遊びやゲームとして用いられていました。当時22枚の大アルカナカードと52枚の小アルカナカードという構成になっており、ヨーロッパでさまざまなカードが作られるようになり、大アルカナカードは22枚で、小アルカナカードは56枚という構成になったと言われています。

 

これらのタロットカードを使ってスプレッドという配置法をもとに相談者の質問を鑑定していきますが、その際カードの意味を的確に読み解くことができる判断力が必要になってくるでしょう。

 

カードにはそれぞれ意味があり、正位置や逆位置によっても意味が変わってくるので注意が必要です。他のカードとの組み合わせを見ていき、さまざまな角度から鑑定しなければいけません。鑑定するのに自信がなかったり、どうアドバイスすれば良いのか迷う時があるでしょう。

 

相談者を占うのであれば、的確な判断力や自信を持つためにカードの持つ意味を深く理解したり、数多くの鑑定を経験していくほかありません。近年いろいろなタロットカードの本が発売されているので、多くの本を読んで何度も何度も繰り返してカードを読み取る方法を学んでいくことが大切です。

 

インターネットにはタロットカードの関する知識や情報がたくさん掲載されているサイトがあるので、インターネットを使って学習する方法があります。

 

自信がない時こそ占術を学ぶ良い機会で、そういう時に学んだものは忘れることなく、一生使うことができる貴重な知識やスキルとして備えることができるでしょう。勉強することで精度の高い鑑定を行なうことができたり、自分に自信をつけることができます。

 

状況判断や未来予測に関わるカードとその意味

0のカードである「愚者」

シンボリズムとして創造主やエネルギー、冒険や概念などを意味しており、正位置の場合は好ましい偶然やラッキーなハプニング、ライフスタイルの変化や冒険などの意味があります。

 

1のカードである「魔術師」

シンボリズムとして信念や原理、才能や無限の可能性などの意味があり、小アルカナカードにデザインされているワンドやカップ、ソードやペンタクルスも描かれています。

 

2のカードである「女教皇」

シンボリズムとして潜在意識や隠れたもの、魂の世界や二面性などを意味し、もし未来を占って「女教皇」の正位置が出ると、理想主義者の女性や冷静、潔癖や信念などを意味します。

 

タロットカードの1枚1枚にはそれぞれ意味を持っています。例えば0のカードである「愚者」はおどける男や犬の絵がデザインされており、シンボリズムとして創造主やエネルギー、冒険や概念などを意味しており、正位置の場合は好ましい偶然やラッキーなハプニング、ライフスタイルの変化や冒険などの意味があります。

 

もし未来を占っていて「愚者」の正位置がでると、何かしら新しいことへ挑戦したり、楽しい関係が始まったりすると未来予測することができるでしょう。「愚者」の逆位置がでると、自己中心的な行動に出たり、馬鹿げた行動や子供っぽい行動などを意味するので、無計画なことを実施しようとしていると未来予測することができます。

 

1のカードである「魔術師」は魔術師がいろいろな道具を用意しているデザインで、シンボリズムとして信念や原理、才能や無限の可能性などの意味があり、小アルカナカードにデザインされているワンドやカップ、ソードやペンタクルスも描かれています。もし未来を占っていて「魔術師」の正位置がでると、野心的やアイデア、自立やスペシャリストの意味合いがあります。質問内容によって自分が自信を持ったスペシャリストになるのか、スペシャリストと出会うのかが変わってきます。

 

「魔術師」の逆位置がでると、無秩序やアンフェア、技術不足や愚かな行為を意味するので、自分がそのような状態になるのか、そのような人と出会うのかを読み取ることができるでしょう。

 

2のカードである「女教皇」は女性の絵がデザインされており、シンボリズムとして潜在意識や隠れたもの、魂の世界や二面性などを意味し、もし未来を占って「女教皇」の正位置が出ると、理想主義者の女性や冷静、潔癖や信念などを意味します。

 

「女教皇」の逆位置がでると、ヒステリーやわがまま、不安定や不満などネガティブな意味があるので、相談者の質問内容に応じて読み取っていきます。

 

タロットカードを読み取るには判断力が必要で、カードを意味がよく分からなくて悩む時もあるかもしれません。その時は本を読んだり、インターネットにある占いに関する情報サイトを参考にすると良いでしょう。

 

自分で判断できない時は占いでヒントを得よう

 

タロットカードで占っていると、自信を持って判断することができないような状況になることがあります。そういう場合は別のタロットカードを使って、鑑定内容に対するヒントとして利用します。

 

例えば未来予測をしていて鑑定内容に曖昧さを感じるようなら、もう一枚カードを引いてみます。もし3のカードである「女帝」の正位置がでると、成長や愛情、結婚や可能性などの意味があり、ポジティブな意見なので参考にしてみても大丈夫でしょう。

 

反対に「女帝」の逆位置が出ると、停滞や渋滞、情緒不安定や孤独などの意味があり、ネガティブな意見なので、鑑定をもう一度見直しても良いかもしれません。

 

4のカードである「皇帝」は男性の絵がデザインされており、シンボリズムとして真実や物質、安定や組織、行動力や情熱などの意味があります。「皇帝」の正位置には論理的な考え方や支配的な立場、年長者や父親、亭主関白や責任感などの意味があり、逆位置には無活動や無秩序、荷が重過ぎたり非現実的な考え、ワンマンや横暴などの意味があります。

 

未来予測をしている中でこのカードが出てると、正位置か逆位置によって大きく鑑定内容は変わってくるでしょう。鑑定内容にどうしても納得することができないような時は、もう一度鑑定し直すという判断力も大切なことです。明らかに少し違う未来予測が出ているなら、もう一度シャッフルして最初から行う勇気も必要でしょう。

 

特にタロットカードを習い始めた時は、鑑定に手間取ったりカードの内容に何かしら違和感を感じるかもしれません。何事も修行期間は大事なので、何度も何度も練習することで精度の高い鑑定を行なえるようになります。

 

タロットカードをよくシャッフルすることで、まず自分自身に馴染ませたり、カードの1枚1枚の意味を深く読み解いていくことが大事です。

 

その日の運勢を占うのに毎朝1枚カードを引いてみたり、何気ない質問内容にもカードを使って占っていくと、自然とカードの意味を覚えていくことができるようになります。自分の鑑定にある程度自信を持ってから、相談者の質問を鑑定してあげると良いでしょう。

 

自分のメンタルサポートに役立つ占い資格の選び方

 

人はいろいろな要因から不安になったり悩んだりします。自分ではどうしょうもできない運命の波を感じている人も少なくないでしょう。占いを利用すると自分の人生の不思議な運勢やイベントなどを事前に把握することができるようになります。

 

例えば生年月日と生まれた時間・出身地をもとに作成したホロスコープをもとに占っていく西洋占星術や四柱推命・インド占星術などを習得すると、人生における吉や凶のイベント、結婚や健康に関することがを理解することが可能です。

 

事前に人生の吉や凶の時期を知ることで、必要以上に悲観したり人生を諦めなくても良いことがあります。未来予測をするのにこれらの占術は適しており、ホロスコープをベースにさまざまなことを学んでいくことができます。

 

西洋占星術のホロスコープには惑星やハウス・星座などが網羅されており、惑星の位置や状態、惑星がどのハウスにありどの星座にあるかを見ていき、さまざまなアスペクトも考慮しながら相談者の性格や結婚・人生全体の運気の波などを見ていくことが可能です。

 

適職や得意分野なども分かるので自分に自信がついたり、メンタル面でのサポートを行うことができます。自分が何に興味を持っていて、何が得意分野なのかも知ることができるので、仕事を探す際に参考になるでしょう。四柱推命は命式を使って、相談者の人生におけるイベントや結婚・健康面を鑑定することが可能です。

 

適職が分かったり性格や人間関係など、多岐に渡って鑑定することができます。大運を見ることによって、人生の吉や凶の波を鑑定することができたり、転職するタイミングも把握することが可能です。占いをするには判断力が必要で、判断力はすぐには備え付けられません。

 

何時間もかけて占術を勉強し、何人もの人を鑑定し経験を積むことによって精度の高い鑑定を行なうことができるようになります。近年インターネットにさまざまな占術の知識やスキル・役に立つ情報を網羅したサイトがあるので、これらを利用すると効率良く勉強することができ、スピーディに占いのスキルをアップすることができるでしょう。

 

人はいろいろな要因から不安になったり悩んだりします。自分ではどうしょうもできない運命の波を感じている人も少なくないでしょう。

要点を紹介するキャラクター

 

 

自分を占うのに最適な占い資格ランキング

 

画像名を入力

ホロスコープ鑑定士の特徴

ホロスコープは西洋の占星術のことです、占星術では自分の生まれた月日で星座を12に分類し、運勢を占います。占星術では自分を知ることと、未来を予測することができます。

総合評価 評価4.5
使いやすさ 評価4.5
掲載情報量 評価4.5
ホロスコープ鑑定士の総評
  • 顧客の運命を占い未来予測
  • 重要な人生のアドバイザー
  • 惑星、黄道十二宮、十二室、角度の4つの要素で構成されるホロスコープを使用して顧客の運命を占い
公式サイトへ

 

画像名を入力

タロットカード占いの特徴

タロットカード占いは占いの中でもかなりメジャーなもので、簡単に未来予測ができるものとしてプロだけでなくよく使われるツールです。

総合評価 評価4
使いやすさ 評価4
掲載情報量 評価4
タロットカード占いの総評
  • 未来予測だけでなく指針を示す
  • 占う方にとってより良い方向を示す
  • カードの意味を臨機応変に読み取っていく能力
公式サイトへ

 

画像名を入力

風水セラピスト資格の特徴

風水とは、古来4000年以上前から受け継がれる科学で、「気」や「エネルギー」は、良い環境のバランスがあれば良い「気」や「エネルギー」が作られるという環境学です。

総合評価 評価4
使いやすさ 評価4
掲載情報量 評価4
風水セラピスト資格の総評
  • 環境を風水上の良いバランスに整えると良い方向に物事が向いていく
  • 人を幸せに導く開運の学問
  • オフィスや家庭での実践方法
公式サイトへ

占いに興味を持つ人には、自分自身の数奇な運命を知りたくて占いを始める人が多くいます。自分を占うには1つの占術だけではなく、いくつもの占いから多方面に鑑定していくと同じ方向性を示していたり、セカンドオピニオン的に利用することが可能です。

 

占いには命(めい)とト(ぼく)と相(そう)があります。命(めい)は生年月日と生まれた時間・出身地をもとに人生における運勢を知ることが可能です。

 

命(めい)の分野で最適なのは西洋占星術や四柱推命などです。西洋占星術はホロスコープを使って鑑定していき、未来予測を行なったり、人生全体の吉や凶の境目を見ることができます。

 

例えば10ハウスは職業を意味するハウスで、10ハウスに何か惑星があると、その惑星が意味する職業が向いていたり興味を持つことがあり、10ハウスにどの星座があるかも考慮すると、より精度の高い鑑定を行うことができるでしょう。

 

仮に10ハウスに太陽があると、太陽はエネルギッシュな物事を意味するので、責任のある仕事や職場のリーダーなど、太陽的な意味合いを持つ仕事に向いています。

 

仮に10ハウスに金星があると、金星は芸術や宝飾品などを意味するので、デザイナーや宝石商、ファッション関係や芸能関係の仕事に向いているでしょう。四柱推命も同様に命式を使って、相談者の人生の吉凶の波を見ていくことが可能です。

 

大運や年運を考慮しながら、命式と照らし合わせて人生におけるイベントを探っていきます。六神というキーワードを使って、いろいろな組み合わせを考慮しながら結婚や仕事・健康面などを鑑定することが可能です。西洋占星術や四柱推命を勉強するのに時間がかかったり、判断力が必要になってきますが、自分の運命を見るのに最適な占術でしょう。

 

自分の鑑定に自信が持てるようになったら、他の人も鑑定してあげて、占いのテクニックを使って人生の荒波に立ち向かっていけるようサポートすることができるようになります。占いを勉強することで人生を諦める必要はないことを知ったり、自分の才能が世の中に発揮できる時期を見つけることができます。

 

一番おすすめなのは「タロットカード資格」

占い初心者に最もおすすめ
未来予測を行ったり付き合っている人の気持ちなどを鑑定
カードの意味を臨機応変に読み取っていく能力が必要

占いには命(めい)とト(ぼく)と相(そう)があり、命(めい)は人生全体の運勢を見ることができ、ト(ぼく)はその時々の事象を見ることができ、相(そう)は人相や手相などその人の状態を見たり、風水を使って運気をアップすることが可能です。

 

命(めい)には西洋占星術や四柱推命・インド占星術などがあり、生年月日と生まれた時間・出身地をもとに占っていきます。さまざまなことを多岐に渡って習得する必要があるので、勉強には時間がかなりかかるでしょう。ト(ぼく)はタロットカードや易で、その時々の事象などを占うことが可能です。

 

占い初心者に最もおすすめなのはタロットカードです。タロットカードは大アルカナカードと小アルカナカードがあり、いろいろなカードの組み合わせによって、未来予測を行ったり付き合っている人の気持ちなどを鑑定することができます。カードはそれぞれ意味を持っており、正位置や逆位置によっても意味が変わってくるので注意が必要です。

 

例えば6のカードである「恋人」は男女の絵が描かれており、シンボリズムとして潜在意識や感情、ハーモニーや健康などを意味があり、正位置の場合はパートナーシップや結婚、恋愛や芸術などの意味があります。逆位置の場合は間違った選択やアンバランス、干渉や裏切りなどを意味します。一般的に相談者の質問内容が恋愛や結婚の場合、「恋人」の正位置がでると良い関係が築けていることを意味するでしょう。

 

恋愛以外の相談においてでも良い意味を持ち、例えば仕事を占っていて「恋人」の正位置がでると、職場での人間関係がスムーズだったり、才能が発揮されていたり、何かしら楽しい状態を意味しています。このように質問内容に応じてカードの意味を臨機応変に読み取っていく能力が必要です。絵を覚えてイメージしながら意味を覚えていくとスムーズに習得することができるでしょう。

 

インターネットにはタロットカードに関する知識やスキル・さまざまな配置法などが掲載されているサイトがあるので、初心者にはもちろん経験者も参考にすることができるような情報が多くあります。

 

タロットカード占い資格取得講座

 

まとめ

占いには命(めい)とト(ぼく)と相(そう)があり、命(めい)は西洋占星術や四柱推命などを利用して、人生全体の運勢を見ることができます。ト(ぼく)はタロットカードや易などを利用して、その時々の事象などを鑑定することができ、相(そう)は人相や手相・風水を使って運気をアップすることが可能です。

 

これらの3種類の占術を上手に使うと未来予測を行うことができ、人生のイベントや結婚・健康面などについて鑑定することができます。例えば西洋占星術のホロスコープを見ると、30代から40代にかけて幸運期があるとします。四柱推命を見てみると、同じように30代から40代にかけて吉の運勢が来ていると同じ方向性を示すので、鑑定の精度が高くなるでしょう。

 

運気が良い時期というのは手相にも表れます。いつの間にか開運線が延びていたり、主要線が濃く太くなっていたりするでしょう。人相においては血色が良くなっていたり、人相そのものが良いものになっていく傾向があります。

 

このようにいくつかの占術を組み合すことで、より精度の高い鑑定を行なうことができたり、自信を持って相談者に説明することができるでしょう。タロットカードのスプレッドを利用することによって、幸運期がいつなのか占うことができたり、易を利用することによって年月を割り出すことも可能です。四柱推命や易・風水はリンクしているので、四柱推命を学んだら易や風水も勉強してみるとスムーズに習得することができます。

 

西洋占星術とタロットカードはリンクしているので、同じように習得していくと知識を増やすことが可能です。古来から占いは人々の生活において身近な存在でした。もともと亀の甲羅を利用して、亀の甲羅にできるキズをベースに占っていたと言われています。

 

近年本だけではなくインターネットの世界にもいろいろな占術の情報を見つけることが可能です。インターネットの占い情報サイトを利用することで、効率良くさまざまな占術を学ぶことができ、副業で占い師になっている人も多くいます。人生を幸せに生きるためのサポートとして役立つことができるでしょう。

更新履歴